足をけがして鬱でした。

13kotuzeijakuasibu01

これはイメージ画像です。

人間自分のできることできないことってありますよね。

そして、普段やっていることは、日課であって自ら何かをやっているわけではないんですよね。

浅はかでした。学びが足りませんでした。

自分の気分的に勢いでやってしまった足底部の怪我、大した事ないだろうと思っていたら、これが、大したこと合ったんです。

歩くのにも支障をきたすほどのものでした。

何もしないと平気なのに、かかとをつけて歩き出すと激痛が走る。

歩けない・・・。

 

こうなると、普段できていたことがほとんどできないということですよ。

しかも私は踊りの稽古をやっているのに、全くできない日々。

これ相当なストレスでした。
体力をつけるために走り始める直前にすでに走ることもできなくなりました。

動けること、楽しめることは、本当に重要なことなんだと実感しました。

1ヶ月前からとっていた。登山用の休みもすべて棒に振ることに。

教えてくれたんですね。「おまえは、感謝を忘れている」と。

 

感謝することを忘れ始めると、教えられるのです。

感謝感謝。

 

さて、話を普段の生活に戻しましょう。

あ、時間だ、ということで、また次にね

 

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK